タブレットのレジ

POSレジでの売上分析データを新メニューの開発に役立てよう!

飲食店において、飲食POSレジを導入するメリットは業務効率化や不正防止、客席の回転率アップや在庫管理そして労務管理だけではありません。POSレジは、リアルタイムでの売上集計だけでなく、集計された売上データを元に新メニューの開発に欠かせない情報を得ることができます。
POSレジは、単にタブレット端末や専用端末からの注文情報をリアルタイム集計するだけでなく、利用者の性別、年齢、人数などのデータも登録することができます。注文情報と客層の情報を組み合わせることで、メニューが女性に人気なのか、男性に人気なのか、年齢別で注文に差があるのかも把握することができます。また、店舗全体での利用者情報、1グループあたりの単価も把握でき、新メニューの投入を全店で行うべきか、客層に合わせて投入するべきかを総合的に判断できます。
そのほかにも、POSレジなら全店で人気となっているメニューをネット回線を利用して、リアルタイムかつ一括集中管理も行うことができ、注文の地域差も確認できます。新メニューの開発投入を行ったものの、売上差が客層や地域で乖離が大きく、メニュー提供の中止を判断できないという状況になっているのであれば、飲食POSレジを導入して適切な判断をスピーディーに行ってみませんか?

最新の情報

最新記事一覧

Top