タブレットのレジ

営業時間外の負担軽減にPOSレジを導入しよう!

飲食店における業務は、営業時間内の注文から調理そして料理を提供するだけではありません。これらの業務負荷を軽減するものとして飲食POSレジの導入が有効であるものの、営業時間外の業務負荷軽減にも有効です。飲食店では、営業終了後に当日の売上管理だけでなく、食材の在庫確認も必要になります。しかし、手書きの注文伝票を集計したり、食材在庫のカウントを行うのは非効率です。
しかし、POSレジなら営業終了後の売上集計を行うことがなくなり、社員が長時間の残業対応を行うことがなく、社員の負荷軽減そして人件費削減に寄与します。また、POSレジには在庫管理機能もあり、注文数から概算の在庫数量を把握することができます。食材ならメニューに使用される食材に規定量を設定することで、想定される大まかな在庫量を把握することができるため、追加発注のために全ての食材や飲料の在庫チェックを日々行う必要がありません。また、POSレジの在庫管理機能では目視確認した情報を反映することができ、飲料などの場合には最後に提供したスタッフの情報を素早く反映できます。
もし、手書き伝票での売上管理、そして毎日食材や飲料の在庫確認を行いスタッフの残業時間が増加し、人件費の負担が大きいと感じる飲食店は飲食POSレジを導入して問題を解決してみませんか?

最新の情報

最新記事一覧

Top